〜農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営しております〜

農家の嫁のブログ〜農業の魅力を伝えたい!〜

農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営している農家の嫁のブログです♪

ちばアグリトップランナー経営塾

なるものに参加してきました。

千葉県の事業で、「マイファーム」さんが請け負ってやっておられます。

 

10月〜3月の全16回講義で12000円!

なんとお安い。

千葉県さんありがとうございます!

マイファームさん主催だからこそ受けようと思ったこの講義。

片道2時間、千葉県は東金市まで旦那と二人で通います。

講義が終わる3月までには岩立農園の方向性を決めたいと思います(^^)

 

個人事業主始めて6年目だけど、経営について学んだことないので、とても良い機会と思い、参加しました。

大体木曜日にあるので、学んだらここでシェアしたいと思います(^^)

更新がんばります!

 

10月からは毎週火曜日夜はメイク習いに行くことにしたし、ちょっとバタバタ?

でもイベント自分主催のないからやれそう!

がんばります〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、何を学んで来たかというとですね。

 

まずマイファームさんの成り立ち。

面白かった〜!

マイファームさんって、京都の会社さんなんですが、休耕地を借りて、体験農園にするというビジネスから始まり、アグリイノベーション大学校やらなんやら今や8事業くらいやってらっしゃるようです!

 

でも初めは社長一人で条件の悪い田んぼ1反で野菜を作ろう!というところからスタートしたようです。

田んぼなんで土を入れないといけない、ユンボでかき回さないといけない、というところからスタートしているので、初期投資で400万かかるとのこと!

それをただ野菜作っていたらいつ返せるかわからない。

じゃあどうしよう!?というところから体験農園にしようと思いついたそう。

1カゴ取り放題3000円としてチケットを京都の市街地で販売したところ瞬く間に売れたそう。

体験農園もまだハシリだったのでライバルがいなかったのもよかったのでしょう。

 

そして自分で耕して、営業して、体験農園の対応して・・・だと回らなくなって来たので、スタッフを雇いたいと思った。

しかし、怖い。

なぜ怖いかというと、初期投資と同じで、返せなくなったらこわいから。

ということで、最初にキャッシュが手元にあれば怖くない!ということで

12回30000円のチケットを売り出したところ、好評に。

先にキャッシュを得たのでそれで人を雇いだし、それからは大規模化へ一直線!という感じでしょう。

 

今では全国に130haの面積の畑を持ち、農業界でマイファームという名前を知らない人はいないというまでに!

 

すごいですね(^^)

 

社長の西辻さんは、34歳でうちの旦那より若い!

そして物言いが穏やかで、人当たりが良い!

とても素敵な方です(^^)

自分は採用の見る目がないとおっしゃったり、ざっくばらんにお話しいただけるところにも共感です♪

 

このマイファームが大きくなってきたストーリーの中にもヒントがたくさん隠れていますよね。

 

ビジネスをしていく上でとても大切なことは、

「じゃあどうすればいいか」

を考えることだと思います。

 

自分の夢やビジョンがあるが、それを進めていく上で絶対壁にぶつかりますよね。

その時に「やっぱり無理だよな」とあきらめるのではなく、

「じゃあどうすればいいか」

を考える。

 

そして、「なぜ」それをやりたいか、夢やビジョンを明確にして、それを語ることが大切。

スタッフにこの会社で働きたい!と思ってもらえる秘訣はこれですよね。

特に小さい会社では。

福利厚生や、給料も安い。

大企業に待遇面では叶うわけない。

なので、ここで働きたい!と思ってもらえる「ナニカ」が必須になってきます!

 

それは経営者の人柄でもヨシ。

夢やビジョンを明確にして、従業員と一緒にそこへ行きたいんだ!と伝えられるかどうかも重要。

 

 

さてさて、そういうマインドの話は私は大好きなのですが、それだけじゃもちろんダメ。

 

 

 

 

 

 

じゃあ売り上げを上げるためにはどうすればいいか。

単純に考えて以下の4つが考えられます。

  1. 面積を増やす
  2. 収量を増やす
  3. 効率化する
  4. 単価を上げる

 

どれにします?

1はちょっと大きい話になってきますね。

おそらく2と3は普段の業務の些細なことで改善しようとはしていると思います。

4は難しいですね〜!

 

他業種で考えてみるとヒントをもらえるとのことで、みんなで意見を出し合いました。

4の単価を上げるでかんがえてみましょう。

 

Q:1000円のTシャツを2000円で売りたい場合どうすればいいと思いますか?

 

A:

  1. コラボしてキャラクターをつける
  2. 有名人に宣伝してもらう
  3. おまけをつける
  4. 素材を変える
  5. 売り場を変える
  6. 後輩に売りつける←笑
  7. セットで売る
  8. コーディネートして売る
  9. ストーリーをつける

などなど。

 

私は、自分で畑をやっていた時、有機無農薬で付加価値(456789あたり)つけて自分では売っていましたが、野菜の場合、高くしても2倍〜2.5倍が限界。

100円のものを300円で売るのは並大抵ではないので私はもう付加価値つけるやり方は選ばないかな・・・。

1000円売値が変わるならやる価値あるけど200円程度だとちょっと合わない・・・

 

単価を上げるのは難しいです!

だったら大量にものを作って薄利多売で売った方が農業は良いんじゃないかと思う今日この頃。。。

答えは出ません。

というか答えは一つじゃない。

とにかくやってみないとわからないよね。

どれが自分に合ってるのか。

この土地だったら何ができるのか。

 

ちょっとずつtryしてこう。

 

 

 

 

 

 

あと、かなり印象的だったのが、元はアフリカの人の言葉だという以下の名言

 

「早く行きたいなら一人で

遠くへ行きたいならみんなで。」

 

おぉぉぉぉ!

これは本当に響いた。

私今一人でやっていて、本当に決断が早くて最高!と思っているんだけど、

遠くへはいけないよなぁと感じているのです。

なので、岩立農園の方の基盤を整えて、スタッフ受け入れ体制整えて、仲間と共に遠くへ行きたいと思います(^^)

 

 

4月には募集できるようしたいです♪