〜農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営しております〜

農家の嫁のブログ〜農業婚活の魅力を伝えたい!〜

農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営している農家の嫁のブログです♪

ヒトリゴト

大人になるとできないことが増えてくる。

できないというか、やらないと決める事、と言えばいいのかな。

 

なまじ経験があるので、初めてやることでも

、昔の経験のこれとこれを合わせた感じだろうと容易に想像ができてしまい、その時の事を思い出して、費用対効果を考えて、やらないという結論を出す。

 

その事はまだやったことないはずなのに!

 

意外と世の中に「まだやったことないこと」って多いのに、もう目新しいことはなにもなくて、学生時代の、あの何をするにも初めてで、新鮮で、エキサイティングでってことは、大人になるとなくなってくる。

 

"大人なんてクソくらえ"

そんな風に思っていたのにいつの間にか大人になってる自分がいる。

あのファンキーだった学生時代の私の面影は今やどこにもない。

 

当たり障りのないことを話して、空気読んで嫌とも言えなくて。

人生一度きりって誰かが言ってた。

本当に、そうなんだ。

その一瞬を大切に生きないと後悔する。

 

"自分の人生こんなはずじゃなかった。"

 

そんな言葉を直接聞くことが、最近ちょこちょこある。

 

聞いてるこっちもツラくなる。

 

大変なんだ。

今を生きるというのは。

流されずに、この一瞬を全力で生きるというのは。

だから皆しない。

 

そんで後悔しても仕方ない。

でもそんな風に言う人は気づいてない。

 

「今この瞬間から人生は変えられる」ことに。

 

こんなはずじゃなかったと思えた時がスタート。

 

そのタイミングでやるのかやらないのか。

ただそれだけの話。

 

自分を変えられるのは自分しかいない。

だから人から何を言われても無駄。

自分が動かない限り何もかも変わらない。

と、いうことは人の言ってる事は何一つとして気にしなくていい。

 

自分がどうなりたいか。

それだけにフォーカスして動いてみろ。

 

世の中のためを思うなら自分の幸せを、追求すべきなんだ。

自分で自分を幸せにしろ!

誰かに幸せにしてもらおうなんて思ってるうちはだめだ。

 

皆結構苦手なんだ。

自分が幸せになるのって。

人にひがまれないかな、なんて心配になったりして。

自分がひがんでるからそう思うんだ。

 

自分底辺に居た方が楽なんだ。

自虐ネタで笑ってもらえる。

そういえば私はずっと、そうやって生きてきた。

仲間の中で自分が底辺だったので、自分よりスゴいと思える人たちの中で生きていくのは心地よかった。

底辺の自分に誇り持ってた。

「皆を安心させることができる」

なんやかんやポジティブだったなぁ。

 

っていうのも「仲間うちでは」の話。

枠があると人って楽なんじゃないかな。

無限の可能性があると、いくら上に行っても"上"ってゆー感覚ないからツラいよね。

 

弱音ってすごい勢いで出てくる。

ダムみたいにためてためてためて、放出。

止まらない、とゆーか止めない方がいい。

じゃないと堤防が壊れちゃう。

 

深夜のつぶやきでした。

明日(もはや今日)の合コン(恋活イベント)行ける男子いないのかしら?

今日、今この瞬間に自分変えようよ?

 

 あ、私は同席できませんが!