〜農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営しております〜

農家の嫁のブログ〜農業の魅力を伝えたい!〜

農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営している農家の嫁のブログです♪

年収500万とは

 
 農業専門の婚カツサイトを運営しております、元おいこファームの岩立です。

 
 
 
 
 
現在クラウドファンディングに挑戦しております!
皆様の暖かいご支援の元、現在15万円ほど集まっております!!
ご支援していただいた方、本当に本当にありがとうございます!!!!
目標の100万円まではまだ程遠いですが、引き続きがんばりますので応援お願いいたします!!!
 
 
 
 
さてさて今回はお金の話を中心にさせていただきます。
私は起業(営農)してから6年目位なのですが、全て赤字決算です!!!(ドーン)
全て経費で落とそう〜とかそーゆう税金対策の赤字ではなく、ガチです(笑)
じゃあなんで生きていけるのかというと、"農家"だからです!!
食べ物を作っているというのがどれ程お金がかからないか。
作業着ほとんど買ったことないですしね。
中学の部活のTシャツやら高校のクラスTシャツやらを恥ずかしげもなく着ています。
友達からもらった「ひげとボイン」と黙ってど真ん中に印字されているTシャツも恥ずかしげもなく着ます。
旦那にそれはどうなの。と言われても着ます(笑)
そんな感じで涙ぐましい(?)努力をして、おばあちゃんからのおこづかいを頼りに(これホント助かる)なんとかやってきました。
 
結婚してからは家賃がかからなくなったので、アルバイトを辞めることができて、だいぶ楽になりました!
しかしまぁ資金不足は否めず、今回クラウドファンディングに挑戦しているのですが。
 
今回のクラウドファンディングでは、マイナビ農業さんがやっている、「クラウドマルシェ」という、農業専門のクラウドファンディングサイトで募集をさせていただいており、マイナビ農業さんに広告も出させていただいております。
 
その広告費の半分は千葉県の補助金事業に応募して、面接に合格したので、助成していただけることになりました!
 
その面接の際に、1年後〜5年後の目標値を掲げて提出しており、5年後の目標が達成できたらいくらの年収になるのかっていうのを面接官の方が計算してくれたのですが、なんと500万円でした。
 
 
なんとってなんだろうw
売上でいうとたぶん800万円くらいですかね。
 
もちろん私は年収1000万をめざしているし、利益をきちんと出して、プールされたお金でまた社会還元をしていきたいと思っておるのですが。
それでも年収500万は私にとって充分すぎるほどの金額。
 
でも面接官の方に「そんなんでいいんですか?」と言われ困惑。
500万あったらアルバイトの子に200万お渡ししても良いと思っているくらいです。
でも面接官が言うには、あなた今までにすごい大変な思いしていたでしょ?
500万じゃ報われないでしょ?
みたいなニュアンスでした。
 
確かに今頃まだ金融の仕事を続けていたら500万に近い金額は簡単にもらえていたかもしれない。
一般的に年収500万は婚活で言う一つのボーダーラインかもしれない。
 
でも、会社員にとっての年収500万円と、農家(自営業)にとっての年収500万円と、ではわけが違います。
農家のせがれは年収でいうと250万とか300万とかザラですけど、それ全部”おこづかい”ですから。
要は使えるお金です。
会社員は年収500万から税金を引かれ、家賃がかかり、携帯代がかかり、食費がかかり、余ったお金がおこづかいですね。
しかし農家は年収のうち全てが使えるお金です。
そう考えると年収500万の会社員とさして変わりませんね。
 
なのでびっくりすることはありません。
びっくりすると思いますが。
生きて行けます。
大丈夫です。
 
というか、旦那の稼ぎで暮らしていこうなんて考えがナンセンス。
自分の食いぶちは自分で稼ごう。
じゃないと嫌なことがあっても離婚できないという、「上下関係がある」婚姻になってしまいます。
 
今の時代は男女平等。
 
女性は権利を主張するわりに、男性にご飯奢って欲しいと思っている。
矛盾ですね〜。
というか女性はわがままですね!(私を含む)
旦那にはいつも”ごめんね〜”と思っています笑
 
男性は女性のわがままを”はいはい”と受け流せる器量が必要。
女性は自分はわがままなんだと認識をして、男性に感謝すること。
 
こんな感じで男女仲良くやっていきましょうね♪
 
 
 
 
ご支援お願いします!!
 
フェイスブックなどでの拡散にもご協力お願いできればと思います!
Raitai存続のためご協力お願いいたします!!